肩の痛み・肩こり

熊本白山接骨院のスッキリ肩こり治療とは?

こんなお悩みありませんか?

肩こり治療

  • 肩がいつも重い
  • 肩を動かすと痛い
  • なで肩で痩せている
  • 猫背で、パソコン、スマホの画面を長時間見ている

これらは一部ではありますが、「肩こり」「肩の痛み」を感じていられる方に見られる症状です。長時間の不良姿勢が原因になっている場合が多く、例えば「下を向いていることが多い」「腕を前に出していることが多い」だと思います。最近では、ほとんどの方が持っている、スマホの操作姿勢でもあります。「肩こりは仕方がない」とあきらめず、長時間の不良姿勢というのは、身体にさまざまな悪影響を与えます。治療と姿勢の改善を行うことをお勧めします。

肩こりの原因

「肩こり」「肩の痛み」はなぜ起こるのかといえば、原因はさまざまですが、多いのは長時間の不良姿勢があります。なぜ長時間の不良姿勢が原因になるのか、それは、長時間「下を向いている」「腕を前に出している」ことを続けることにより、肩の周りの筋肉が緊張し続けることになることで、身体の歪み、血行が悪くなる、神経が圧迫されることにより痛みが出るなどの症状が現れます。筋肉は骨についているため、筋肉の緊張が続けば骨格を歪ませてしまいます。また、筋肉の中を血管、神経が通っているため、筋肉に緊張が続くことで「血行が悪くなる」「神経の圧迫により痛みが出る」などの症状につながるのです。長時間の不良姿勢を改善すること、歪んでしまった骨格の矯正を行う事、筋肉に柔軟性を高めるために運動やストレッチを行う事が大切です。

  • ∙ 頭痛がある
  • ∙ 長時間のパソコン、デスクワーク・・・
  • ∙ 車の運転がつらい・・・
  • ∙ メガネが重く感じる・・・
  • ∙ 腕があげにくい・・・

肩こりを放っておくとどうなるの?

「肩こり」をそのままにしておくと、筋肉の緊張状態が続くことで、骨格に歪みが出てしまいます。「肩こり」の原因である不良姿勢「下を向いている」ことで重い頭を肩が支えるために猫背にもなりますし、首のストレートネックの原因にもなりえます。筋肉が長時間緊張することで、血行が悪くなり、頭痛、寝違いが起きやすくなります。「腕を前に出している」姿勢が続くことで、肩だけではなく腕や背中にも筋肉の緊張状態が起こりますし、筋肉の緊張状態が続くことで、肩の動きが悪くなり、40肩・50肩の原因にもなります。40肩・50肩になってしまうと、腕を上に挙げにくいなどの症状だけでなく、痛くて眠れないなどの症状も現れ、改善するのに半年~1年かかるといわれます。こういうことにならないように、「肩こり」をそのままにせず、早めに改善することが大切です。

肩こりの治療法

「肩こり」の原因を特定すること。それが病気によるものでなければ、改善されるはずです。多いのは「長時間の不良姿勢」。その姿勢が「下を向いている」のであるならば、なるべく下を向かずに作業ができる環境を整えるのも効果があり、予防にもなります。例えば椅子や机の高さを調整することにより、画面を見るために、下を向くことが少なくて済むようにすることが出来ます。「腕を前に出している」のが多ければ、作業の合間に肩や腕を動かしたり、ストレッチをすることで改善を見込めます。また、歪んでしまった骨格は、「猫背矯正、骨盤矯正」筋肉の緊張状態の改善には、「整体、筋膜ストレッチ」、血行不良には「鍼灸」なども効果的です。また、ストレッチは筋肉に柔軟性を取り戻すことが出来ます。筋肉量が少ないことでも「肩こり」は起こります。改善はやはりトレーニングです。

肩こり改善におすすめする当院の施術メニュー

「肩こり」の症状や原因に合わせて施術方法や、予防方法を提案します。

長時間の不良姿勢を原因とした場合

「下を向いている」の場合は、肩こりだけではなく、重い頭を支えているためにおこる首の痛みや頭痛、猫背もそうです。この場合は「猫背矯正」「頭蓋骨矯正」も効果があります。

腕を前に出している場合

肩こりだけでなく、腕や背中に、こりが現れます。この場合は「全身骨格矯正」「ストレッチ」などが効果あります。

また、「鍼灸治療」は、筋肉を緩めたり、血行を良くしたり、痛みの軽減をすることが出来るので、どちらの症状にも効果があります。併せて原因を解消するための姿勢改善、ストレッチ、運動を行う事で「肩こり」の改善だけではなく、「肩こり」にならない状態を維持する事ができます。重度の「肩こり」に悩む方に多いのですが、運動不足、運動が苦手、筋肉量が少ないなどが原因の場合は、運動を提案してもなかなか取り組んでもらえません。この場合は、「EMS電気治療器」を使い、身体を動かすことなくトレーニングをすることもできます。

肩こりの治療の流れ

  1. 温熱療法、柔整マッサージで硬くなった筋肉をほぐします。
  2. 柔整マッサージでは届かない深部にある筋肉に硬さが残る場合はストレッチを行います。
  3. 上半身に左右差、前後差が見られる場合は矯正治療を行いバランスを整えます。
  4. 自宅や職場で簡単にできる肩凝り体操をご指導いたします。
  5. 症状の変化(筋肉の硬さや姿勢)が見られるまではコンスタントに治療を続けます。

肩こりの治療間隔

最初は少なくとも週3回

「肩こり」であれば、週に1~2回の施術とストレッチ、運動、姿勢改善することで改善していくと思います。「肩が痛い」「40肩・50肩」などの痛みが強く出てる場合は、「骨格矯正」「鍼灸治療」などの施術を行います。この場合は、毎日から週に2~3回で、痛みの軽減と症状の経過観察が必要になります。患者様の生活環境にもよりますので、あくまでも目安になります。「肩こり」だからと、そのままにせず、早めに治療を行う事をお勧めします。

アクセスページへ >

▲ページの先頭へ戻る

熊本白山接骨院のご案内

【住所】〒862-0959
熊本県熊本市中央区白山1丁目9−10
【電話】TEL:096-342-4304

熊本白山接骨院景観
受付時間 土日祝
9:00 ~ 12:30
15:00 ~ 20:30 15:00 ~ 18:00

木曜定休

当院までの地図

○白山通り

○「星乃珈琲店 熊本白山通り店」向かい

○JR新水前寺駅から徒歩10分・味噌天神前駅から徒歩9分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

電話番号:096-342-4304

お気軽にお問い合わせください
  • JR新水前寺駅・味噌天神前駅近く!白山通りの熊本白山接骨院、0963424304

    受付時間内での受付となります。

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは
    24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る