椎間板ヘルニア

熊本白山接骨院の椎間板ヘルニア治療とは?

こんなお悩みありませんか?

椎間板ヘルニア治療

  • 腰に痛みがある
  • お尻や足に痺れがある
  • 動くと腰が痛い
  • 足に力が入りにくい

腰が痛いという症状なので、腰の筋肉を傷めたように思われますが、椎間板ヘルニアの場合は、神経の症状が現れます。「痺れる、力が入りにくい」などです。動けないような重い症状の場合は、病院での検査、治療が必要です。早めに治療を始めることで、症状が悪化しないようにすること、症状の改善を早めることが出来ますので、早めに治療を始めることをお勧めします。

椎間板ヘルニアとは?

椎間板は線維輪と髄核でできていて、背骨をつなぎ、クッションの役目をしています。その一部が出てきて神経を圧迫して症状が出ます。椎間板が加齢などにより変性し断裂して起こります。椎間板は骨と骨の間にあるクッションの役目をするものなので、急激に重たい物を持ったりしたときに、クッションとなる椎間板に許容範囲を超えた負荷がかかることにより、椎間板の中にある髄核が外に飛び出ることをヘルニアといいます。しかし、ただ飛び出ただけでは、痛みや痺れは現れません。飛び出た髄核が骨の周りを通っている神経を圧迫することによって、痛みや痺れが現れるのです。ということは、椎間板ヘルニアと診断されても、神経を圧迫しないような状態になれば、痛みや痺れを感じなくなるということです。不良姿勢により背骨が曲がれば、より椎間板を押しつぶすことになります
ということは、不良姿勢の改善をすること、歪んだ骨格を正常に戻す事、筋肉に柔軟性や筋力を増す事で、このつらい症状から解放されるのです。 

椎間板ヘルニアをほっておくとどうなるの?

椎間板ヘルニアの症状は、「痛みや痺れ」なのですが、痛みがひどくなれば、日常生活にも影響が出てきます。動くのも痛い、じっとしてても痛い、などつらいものです。また、痺れもひどくなれば、感覚が鈍くなる、力が入りにくいなどの症状が現れ、ひどくなれば動けなくなってしまいます。そこまで重症化してしまいますと、痛み止めの注射をしなければならなくなったり、最悪は、手術を受けなければいけなくなります。「いつかは治るかも?」と放っておくことで、重症化します。そうならないようにするためには、なるべく痛みが出た時点で、治療を始めることが大切です。痛みや痺れを放っておくと、痛みや痺れが出ない姿勢をしようと、かばってしまうことで、背骨が曲がってしまう「疼痛性側弯症」になる可能性もあります。神経の症状なので内臓への影響(排尿障害)も考えられます。「痛みや痺れ」をそのままにしないようにしてください。

椎間板ヘルニアの当院施術メニュー

「痛みや痺れ」の症状がどの程度なのかにもよります。重症化している症状に対しては、病院での検査、治療が必要になります。レントゲン撮影では、ヘルニアが、どの程度進行しているのかがわからないので、MRIでの検査が必要になります。「痛みが強い時期には、安静を心がけ、コルセットをつけたりします。また、消炎鎮痛剤の内服や坐薬、神経ブロック(神経の周りに痛みや炎症を抑える薬を注射する)を行い、痛みをやわらげます。腰を温めるのも良いでしょう。
ここまでしても、改善されない場合は手術が適応される場合があります。そうならないように早めに治療を始めましょう。歪んでしまった骨格により、椎間板が圧迫されることによって、椎間板ヘルニアが発症します。ヘルニアが神経を圧迫して症状が現れます。この場合は、「骨格矯正」により骨格の正常化を促し、ヘルニアによる圧迫を軽減します。また、筋肉や筋膜の柔軟性の欠如によることも影響しますので、この場合は「整体・筋膜ストレッチ」を行い筋肉の状態を正常に動けるようにする。「痛みや痺れ」の影響で筋力低下している場合には、「EMS・電気治療器」により筋力増加を促します。「鍼灸治療」も痛みや痺れの軽減には効果があります。これらの施術法は、患者様の状態と生活環境を考慮したうえで提案させていただきます。

椎間板ヘルニアの施術を受けるとどう改善するの?

施術を受けられた後に効果を実感していただくために、最初に患者様のお体の正確な状態を見るために行ったテストをもう一度行います。そうすると施術を受けられた患者様のお体の状態が施術前と施術後とで変わっているのが分かります。施術前とくらべて当院の柔道整復師のマッサージや骨格矯正を受けられた方は体が気持ち良くほぐれて体が楽になられてることが分かります。また、当院の鍼灸師のハリ治療やお灸を受けられた方は、施術前にくらべて痛みやしびれが楽になっていることが分かります。実際に7割から9割の患者様が楽になったと言われます。残りの1割から3割の患者様のほとんどは、ずっと痛みやしびれを毎日鎮痛薬でごまかしながら治療に来られるのが遅くなったために重症化しておられた方で、そうなってからでは当院に限らず他の治療院においても施しようが無くすぐにでも病院で手術を受けなければならない状態でした。そのように忙しいあまりに、そのうち良くなるだろうとほったらかしにされたり、どうしても一時的に最近の鎮痛効果が強い医薬品にたよったりして、その場をしのぐ気持ちも分かりますが、それはあくまでもその場しのぎであって、痛みやしびれを改善する解決にはなりません。ですので当院では1日でも早い手当を強くおすすめします。

骨盤矯正の治療間隔

最初は毎日が効果的

椎間板ヘルニアの症状と、患者様の生活環境に合わせて提案をさせていただきます。「痛みや痺れ」の症状が重ければ、毎日の施術をお勧めします。なぜ毎日かというと「骨格矯正」を施術し骨格が正常になったとしても、日常生活での不良姿勢は「悪いクセ」なのです。「悪いクセ」はすぐには改善しないため、骨格の歪みが出てしまうからです。施術を繰り返すことで、症状が軽減すれば、週に2~3回とします。

▲ページの先頭へ戻る

熊本白山接骨院のご案内

【住所】〒862-0959
熊本県熊本市中央区白山1丁目9−10
【電話】TEL:096-342-4304

熊本白山接骨院景観
受付時間 土日祝
9:00 ~ 12:30
15:00 ~ 20:30 15:00 ~ 18:00

木曜定休

当院までの地図

○白山通り

○「星乃珈琲店 熊本白山通り店」向かい

○JR新水前寺駅から徒歩10分・味噌天神前駅から徒歩9分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

電話番号:096-342-4304

お気軽にお問い合わせください
  • JR新水前寺駅・味噌天神前駅近く!白山通りの熊本白山接骨院、0963424304

    受付時間内での受付となります。

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは
    24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る